2017/08/07

2017年ツール観戦記 10: 帰国と総括

ツール終了。帰国の日。
やはり最も楽しく、印象に残ったのは山岳ステージでした。
来年もまた見にきたい、また自走で登りたい、と思える感動がそこに。


空港で手荷物にした標識(A0サイズくらい)の持ち込みがなかなか許可されなくて、
カウンターを行ったり来たり、たらい回し人されて1時間くらいロスした結果、空港でゆっくりすることはできませんでしたが、無事標識も持ち帰ることができました。

持ち物振り返り:

・下着と靴下は手洗いできるので、最低限の数だけあればいい。フランスはとても乾燥しているので、どこでも大体一晩で乾くので問題なし。
・ルームシューズはGUNSEで買ったものが大活躍。機内でも使えるほか、軽くて履き心地も◎。旅行や出張に役立つと思う。
グンゼのスリッポンルームシューズ
・フェイスタオルはあってもいいけどバスタオルは基本どのホテルにも付いていたので要らなかった。
・インスタント味噌汁である必要はないけれど、ご飯を食べ損ねた時の簡単な食料はあるといい。
・ダウンジャケットはユニクロのウルトラダウンくらいのものでOKだけどコンパクトなものがあると山やパリで安心。山は埃っぽいこともあるので高価なものはNG。
・レインウェアは防寒具にもなるので必需品。
・帽子、サングラス、日焼け止めも絶対に必要。
・ビニールシートと折り畳み椅子はどちらかでいい。折り畳み椅子は山ステージであると便利だけど、嵩張るし重いので、自転車や徒歩で持っていくことを考えるとビニールシートの方がいいかも。
・応援グッズは国旗があるといい。日本の国旗だけじゃなく好きな選手の出身国の国旗なんかもいいかも。日焼けを気にしないならボディペイントなども目立つし、着ぐるみなんかも皆に声こかけてもらえて友達ができるかも。ただ基本山岳でのみ有効。パリなんかはそんなクレイジーなファンは殆どいないので皆応援はスマート。
・ロードバイクを借りる場合は六角レンチの工具くらいはあると便利。ロードバイクの場合はウェアで。ボトルはお土産を兼ねて現地で買うと◎。ペットボトルでは漕ぎながらの補給がこんなんなため。
・望遠のあるカメラはあるといい。ビエオカメラは全く使わなかったけど、GoProのように自転車に取り付けられるようなタイプだと自転車を借りる場合は楽しいかも。ちなみに三脚も用意して行ったけどスーツケースの肥やしになっただけでした。
・メモリよりも予備バッテリーか充電器があった方がいい。
・ツール観戦以外に観光するなら別ですが、ツール観戦がメインなら観光の余裕は殆どないので観光ガイドはなくてもいい。また、ツールのガイドブックは忙しすぎて読む時間なんて殆どないので、コースプロフィールと到着時間を確認するたけなら現地で薄めのフランス語版が5ユーロくらいで売っているのでわざわざ日本から持っていく必要はない。
・化粧品。化粧品というより本当に乾燥がひどいので保湿剤が必須。馬油とかいいと思う。日本から持っていかなくても山に入る前に現地で何か買った方がいい。
・トイレットペーパー。絶対いる。海外旅行では必ず持っていくんですが、これがあるのとないのとじゃ大違い。基本紙はないと思って持っていくべし。ロールで持っていくと人にも分けてあげられるし◎。トイレがない場所もあるので携帯トイレもあってもいいと思う。
・虫除け。ツール観戦では要らなかったけど、マルセイユのビーチ横のレストランでは蚊にやられたので海沿いで食事をするならあった方がいいかも。

次回はもっと身軽に必要最低限のもので臨みたい。(←次回も行く気満々)

残念ながら3位となってしまったものの、L'equipeの表紙にバルデは欠かせない。

帰国したらポリャンスキーの脚がYahoo!ニュースで紹介されたことが話題になり、
ツールドフランスを知っている人が思いの外多くて驚きました。

2017年ツール観戦記 9: 第21ステージ 最終日

昨日パリに着いて驚いたんですが、パリは寒い!
いや、そりゃ相当北に移動してきたのだから当然なのだけれど、リヨンに始まり、アルプスを経由したとはいえ南側に滞在していた私たちにはかなり衝撃の寒さだった。ダウン着てる人まで。
そして観光客と日本人が多い!当たり前だけど。後どこでも英語が通じる!!
フランス語と片言の英語でのやり取りというのにもだいぶ慣れてきていただけにちょっと拍子抜けの感あり。




パリのモーニング。マルセイユと同じ内容で10ユーロ。物価高い
観光もそこそこに、お土産を求めて街をうろついていたらあっという間に時間が過ぎて行った。
さすがパリは警備が厳重で、観戦ポイントもかなり制限されていて、あまりいい場所は確保できませんでした。
今回はコースに選ばれなかったルーブル美術館前

遠くに凱旋門を望む

トリコロール

周回に入った選手たち

パリの周回が始まりましたが、1周するごとに観戦客が減っていく。観光序でに見に来る人が多いのか、総合順位もよく知らない人たちも。地方や山岳の熱狂ぶりを見てきたこともあり、毎年無条件に最終ステージに選ばれるパリの冷め具合?にちょっと寂しい気持ちになりました。
暮れかけの凱旋門。表彰式が始まっている

表彰式の中すでに片付けが始まっている
これにて今年のツールは終了。
夜Eurosportのコメンテーターにグレッグレモンを発見。

この日のL'equipeの表紙が昨日の全てを物語っていて切なくなりました。

2017年ツール観戦記 8: 第20ステージ マルセイユTT

ツアーから離脱して今日からは個人観戦。
ツアー参加の人たちは朝からOrange Veldoromeへ向かいました。

皆と別れた私たちはホテルの近くで朝食。
バケットまたはクロワッサンにコンフィチュールとコーヒーに生搾りオレンジジュースというのがどうやら一般的な?モーニングセットのようで、マルセイユでは5.8ユーロ。
同僚が数年前に行ったフランス旅行で「ドゥ カプチーノ, シルブプレ」しか使わなかったと言っていたけど本当その通りだなと思いますた。

観戦ポイントを探してうろうろしたものの、結局往路も復路も見えるからということで、ホテルの前で観戦することに。
マルセイユにはジェラート屋さんがいっぱい

キャラバン隊に混じってちらほら試走の選手達が見えるスイートスポット❤︎
試走中の虹マルティン

何日かツール観戦していると、キャラバン隊が配るもので何が最も役立つかがわかって来る。

最初から調子乗って写真撮っていたら、選手が1/3くらい出走したところで電池が半分くらいになってしまい、抑制モードに。

終盤だんだんアングルやタイミングも掴めてきて、シャッター切っても選手のお尻しか映ってなかったみたいなことはなくなってきた。
ピンチのバルデ

余裕のフルーミー
TT終了後狙っていた標識を貰ってTGVの駅まで移動。最寄り駅が閉鎖されていたので徒歩で行ったけど暑かった。。
TGVでは隣の席にツールのフォトグラファー組が座っていてツールのあれこれの話をしていた。色々あるらしい。ちょっとその話詳しく!

TTの待ち時間とTGVの移動時間を利用して、最終日にようやく応援帽子が2つ完成しました。後から思ったけどこれは山岳であったらよかった。



パリのホテルはとても立地の良い場所にあったけれど、エレベーター開けてびっくり。
狭っ!!!ΣΣ(゚д゚lll)どうやらパリのホテルの星の数はエレベーターの有無で変わるらしく、強引につけてるみたい。
3人乗りらしいですが3人も乗れない

廊下もこの狭さ
明日はツール最終日。そしてこの旅行も終盤。

2017/08/06

2017年ツール観戦記 7: マルセイユへ向かう

今日はほとんどが移動になる日。
朝、この日のレースのスタート地点を覗いて、レースが出発する前にその場を離れる。
レース出発まで待っていると渋滞が悪化してしまい、大変なことになるそうだ。
本物の自転車をペイントしたオブジェ

何日がレースを見ていると少しずつわかってくることがある。
テレビでは映らないツールを支える人たちの過酷な日々だ。

大会運営者、フォトグラファー、キャラバン隊、チームのメンバー、そしてお客さん。

全員、雨の日も、風の日も、毎日何百キロもの移動。交通規制と大渋滞の中、皆同じ方向に迂回して向かう。ツール関係車両は多少の優遇はあるとはいえ、渋滞の中を選手よりも先にホテルについて準備していたりしなければいけないことには変わりない。

毎日200キロ近い距離を自転車で走る選手は勿論だけど、それを支える人たちも、本当にタフなのだと思った。
もちろんそれを追いかけるファンも、峠は徒歩か自転車で向かい、平地は何百キロも渋滞なのか移動する。どちらでも何時間も選手が来るのを待つ。選手が自分の前を通るのなんて本当に一瞬なのに。各国で観戦ツアーがあるらしいけど、大型バスを貸し切ったりする規模になると夜中の3時に出発なんてこともあるそうだ。山岳はアクセスの悪さからも、本当に好きな人たちが集まる言葉や国を超えた一体感のある場所だ。

今日みたいな移動の日、ツアーの私たちは車で足りない睡眠を補給することができる。
ありがたいことだけど、ツアー開催者の人たちは大変だろうなと思う。

夕方にマルセイユに着いた。
ノートルダム寺院を見学してビーチへ。
明日選手が走る坂を車で登ったけれど結構急でした。




夜はビーチの近くのレストランでブイヤベース。
今回食事よりツール優先の旅だったので、地元の有名な料理をゆっくり食べるのって実は初めてかも。
私たちは明日の朝でツアーを離脱するのでこれが皆と最後の食事。
一期一会。面白いツアーでした。ご一緒させていただいた皆様に感謝です。



街に降りてきたので久しぶりにL'equipe購入できました。バルギル!!

2017年ツール観戦記 6: 第18ステージ イゾアール峠

朝食時の雑談で、同じシャレー(山のロッジみたいなところ)に泊まっている人達3組くらいは皆新婚旅行できているということを知りました。
我が家も結婚休暇という名目で休みを取ったけど、本当、日本はそういう理由でもつけない限り1週間とか休めないんだなと日本社会の現実を目の当たりにした気持ちになりますた。
しかし新婚旅行でツールに来る人がこんなにいるとはねってのも驚きだった。

今朝は朝から雨。天気予報では午後から雷。ということで自転車は諦め車で観戦ポイント手前まで。その後は徒歩でイゾアール峠まで7キロの道のり。
帰りは頂上から反対側に下り、14キロ程度の道のりの予定。
土砂降りの中でも自転車で現地に向かっている人たちが。

着いたら丁度雨が止んで晴れ始めたところで、自転車を持って来なかったのが悔やまれたがないものは仕方がない

気持ちを切り替えてハイキング。
土砂降りの中自転車漕いでた地元の人たちはこの晴れを見越してだったのだろうか。。

今日も強強kids達が軽々と激坂を登って行く。中には小学校低学年くらいでビンディングシューズでスイスイなんて子も結構いて。
強強キッズ

徒歩は徒歩で色んな景色が見えて楽しい。
自転車だと足つかずに登りたいという気持ちが強くなって、ゆっくり途中の写真を撮ったりできなかったけど、徒歩だと写真取り放題!
この日は結局一度晴れてから最後まで雨も降らずの良い天気。本当フランス人のように気まぐれな天気だ。( ゚д゚)

中には気の早い応援も




ゴール手前2キロ地点くらいで交通規制で止められて、女子のレース開始。これ以上先に行けないかと思って諦めて昼寝していたら、気がついたら通行止めが解除されて進めるようになってた。
急いで出発。無事に頂上にたどり着けました。


補給してたら通行止めになった。。汗
フランスには山頂価格というのがないらしく、山頂でも食べ物の値段は平地とあまり変わりません。

ゴール地点は初めてだったので、表彰台やフラムルージュや色んなものにひと通り大はしゃぎして、写真パシャパシャ。
フラムルージュ

表彰台

頂上はトイレがないので行く人は覚悟が必要。
朝雨だったにも関わらず頂上には大量の自転車が。
テレビモニタもあって中継も見ることができて情報源は豊富。
日本人もちらほらいました。

ここでも土埃の中昼寝しながら選手の到着を待つ。
AG2Rのアタックをモニタで見つつ、wifiが繋がったのでTwitterで状況を追いながら。。漸く選手たちがゴールにやってきた。

ゴールはあっという間で、かっこいい写真を撮るどころか応援も中途半端なまま、バルギルがゴールしたと思ったらそう待たずに次々に選手が入ってきた。

一通り先頭とプロトンの選手が入ってきてから場所を移動してゴール後の選手が見られる位置に。

わらわらとかえってくる選手達。手を伸ばせば触れそうな距離。興奮で鼻血がでそうだ。(*´д`*)ハァハァ
ゴール後のチャベス

ゴール直後の新城選手


メディアのインタビューなんかがあり、
表彰式が始まり、交通規制解除を待つ人集りができる。
ゴール後は全てがあっという間だ。
交通規制解除と共に大渋滞の中観客が一斉に帰路に着く。
あるものは下に停めた車まで。あるものは自転車で自宅や宿泊先まで。
帰る人たち


私たちも歩いて18時半過ぎに下山を開始。
14キロならゆっくり歩いても4時間もあれば着くだろうと高を括っていたが、歩けど歩けど麓の町ブリアンソンに着かない。
麓の町まで降りたらヒッチハイクしようと思っていたのであと少しと言い聞かせて歩く。
人もどんどん宿に、車にと目的地に到達して捌けていき、道中の仲間も減って来る。もちろんテンションも下がって来る。
足は痛いしお腹は減ったし、山間だけに若干薄暗くもなってきた。もう絶対10キロ以上歩いてるし。。
途中警察にツールの標識を貰ってテンション復活するも、とうとう自分たちだけになってしまい心細い。帰る車までも減ってきた。
後ろから追い抜いて行った外人のにーちゃん達は足が長いので歩幅が広くてあっという間に見えなくなった。途中小走りになったりしてみたものの効果なし。

結局麓の町に着く頃にはほぼ日も暮れ、21時過ぎに。
21時頃にツアー会社から連絡が来て、麓の町で回収されました。
後から判明したところによると、距離が間違っていて実は帰り道は25キロくらいあったらしい。ガ━━(゚д゚;)━━ン!! 
麓の町にから宿まで7キロを残し回収された私たちは帰りだけで18キロ歩いたことに。そら遠いわけだわ。

宿に帰ったら22時過ぎで、勿論スーパーも閉まっているし、同じシャレーに泊まっていた人のパスタを分けてもらい、日本食が恋しくなった時のためと日本から持って来た乾燥にゅうめんと、昨日の残りのネクタリンの夕食という、夕食というより取り敢えず食べ物を口に入れたという状態。

明日の出発は早いし行方不明の部屋の鍵も探さなければいけない。
荷物を全てひっくり返して鍵を探し、何とか翌日のパッキングを済ませて倒れこむように眠りに着く。

翌日聞いたら他の歩きメンバーはヒッチハイクに成功したそうだ。臨機応変さを問われた帰り道でした。